FC2ブログ

大阪星光学院中算数(H23年度入試問題分析)

2011.02.21 20:55|入試問題分析(算数)
さて,今回は今年の大阪星光学院中の問題にいきましょう。

今年の星光の算数は昨年とくらべてだいぶマイルドでしたね(というか,昨年がハード過ぎましたね…。)。
例年のレベルに戻ったと言っていいでしょう。
3科・4科選択になり,まだ難易度レベルの変動はあるかも知れませんが,
恐らく昨年レベルに戻ることは無いでしょう。
応用レベルの典型題を確実にものにし,
また時間配分をしっかり意識して取り組めば合格点は充分狙えるはずです。
算数の合格者平均が7割5分もあることを考えると,ミスは致命傷です(どこの学校でも同じことですが)。
確実な処理能力を身につけましょう。

3番
下の図のように,半径6cmの円周を動く点PとQがあります。PとQは同じ点を同時に出発し,Pは時計まわりに進み,1周するのに20秒かかり,Qは反時計まわりに進み,1周するのに30秒かかります。円の中心をOとして,三角形OPQの面積を考えます。
((1),(2) 省略)
(3) 出発してから20秒後までの間に,三角形OPQの面積が,出発してから2秒後の面積と同じになる時間をすべて求めなさい。

2011seiko.png

OPを固定して考えてみましょう。
OPから見ると,OQは毎秒30度の速さで動いているように見えます。
2秒後,角POQは60度となります。
この時と,三角形OPQの面積が同じになるのは,
角POQの角度が60度,120度,240度,300度となるときです(下図の赤点にQが来たとき)。
2011seiko3-2.jpg
よって答えは(2秒後),4秒後,8秒後,10秒後,14秒後,16秒後,20秒後ですね。
スポンサーサイト



テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

←数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。
    

H23 入試分析 理科 大阪星光学院中学校

2011.02.21 11:14|入試問題分析(理科)
今回はH23年度の大阪星光学院の入試問題を取り扱いたいと思います。

では早速始めましょう!!(^◇^)

[問題]H23年度 大阪星光学院中学校 理科 大問4番
次の文章を読んで,以下の各問いに答えなさい。ただし,温度にかかわらず,水1cm3は1g,氷1 cm3は0.9gであるものとします。

水を試験管の中に入れて冷やしていくと,やがてこおり始めます。水は氷になるとき体積が変化することが知られています。たとえば,試験管に30 cm3の水を入れて冷やしていくと,右の図1のように水は氷に変わっていきます。氷が10gだけできている図1のBに状態では,氷と水の体積はあわせて(①) cm3になり,すべてが氷となった図1のCの状態では,(②) cm3となります。また,氷を30 cm3作る場合には,水が(③)g必要であることがわかります。


星光1
問1 上の文章の空らん(①)~(③)に適当な数字を答えなさい。ただし,割り切れない場合は小数第2位を四捨五入し,小数第1位まで求めなさい。


[解説] 「水1cm3は1g,氷1 cm3は0.9gである」という問題文中の記述がポイントですね!!

①の場合…氷10gの体積は10g×1 cm3/0.9g=11.11…cm3≒11.1 cm3となります。水20gの体積は20 cm3ですので11.1 cm3+20 cm3=31.1 cm3となります。…答え

②の場合…水30gが全て氷になったのでその体積は,30g×1 cm3/0.9g=33.33…cm3≒33.3 cm3となります。…答え

③の場合…氷30 cm3分の重さは30 cm3×0.9g/1 cm3=27gとなります。…答え

物質の状態が変化しても全体の質量は変わりません。その事さえしっかり頭に入れておけば解ける問題でした!!

頑張れ受験生達!!(^O^)/

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

←数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。
    
| 2011.02 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ