H23 入試分析 理科 甲陽学院中学校

2011.02.18 15:14|入試問題分析(理科)
今回は前回問題の続きです(^◇^)

しかし甲陽の化学の問題は本当に良問の難問ですね・・・

では早速始めましょう!!

[問題] H23甲陽学院中学校 理科 大問6番 
※はじめの実験については前回の理科のブログをご確認ください。(~_~)
問4 実験①~③の「残った固体の重さ」のうち,食塩の重さはそれぞれ何gですか。
問5 実験①で「残った固体の重さ」のうち,固体Aは何gですか。
問6 アルミニウム3gを水酸化ナトリウム水よう液だけで完全にとかすには,何cm3必要ですか。
問7 アルミニウム3gを塩酸だけで完全にとかすには何cm3必要ですか。
問8 表のXの値を,小数第1位まで答えなさい。



[解説]前回の解説で水酸化ナトリウム水よう液100cm3と塩酸80cm3で完全中和であることがわかりましたね!!
ちなみにこのときに残った固体が7.8gとなります。そのうちアルミニウムが3gが含まれているので,中和によってできた食塩の重さは7.8g-3g=4.8gとなります。

問4 実験①の場合 水ナ水(水酸化ナトリウム水溶液の略です(-_-;))25cm3+塩酸20cm3の中和反応であるので,4.8g×25cm3/100cm3=1.2gの食塩ができます。…答え

 実験②の場合 水ナ水75 cm3+塩酸60 cm3の中和反応であるので,4.8g×75 cm3/100 cm3=3.6gの食塩ができます。…答え

 実験③の場合 水ナ水100 cm3+塩酸80 cm3の中和反応となるので,4.8gの食塩ができます。…答え

問5 実験①では水ナ水75 cm3がアルミニウムを溶かすのに使われることになります。このとき溶け残りのアルミニウムと固体Aの重さの合計は7.2g-1.2g=6.0gとなります。
 アルミニウム3gのうち3g×(6g-3g)/(9g-3g)=1.5gのアルミニウムが水ナ水75 cm3に溶けたことになります。したがって,1.5g×3g/1g=4.5gの固体Aが残った固体の重さの中に含まれていることになります。

問6 問5より,水ナ水75cm3+アルミニウム1.5g→水素2.16L+固体A4.8gがちょうどの反応式になります。
 したがって,3gのアルミニウムを水ナ水でちょうど溶かす為には,75 cm3×3g/1.5g=150 cm3の水ナ水が必要である事がわかります。…答え

問7 問5よりアルミニウムが1.5g溶けると水素が2.16L発生する事がわかりました。
 実験③に注目すると,この場合塩酸20 cm3がアルミニウムを溶かすのに使われたことがわかります。このとき発生した水素の体積が0.24Lであることから1.5g×0.24L/2.16L=1/6gのアルミニウムが溶けた事がわかります。したがってアルミニウム3gをすべて実験に用いた塩酸だけで溶かす為には20cm3×(3g÷1/6g)=360cm3の塩酸が必要である事がわかります。…答え

問8 問7より溶けたアルミニウム1/6gは1/6g×5=5/6gの塩化アルミニウムとなります。残りの3g-1/6g=
17/6gのアルミニウムはそのまま残った固体の重さに含まれます。したがって中和によって出来た食塩4.8g+塩
化アルミニウム5/6g+アルミニウム17/6g=8.4666…gとなりますので答えは8.5gとなります。

文章でざっと解説するとこのような感じです。とても面倒な問題ですが化学が大好きなお子様にとってはウキウ
キする問題ですね!!

頑張れ受験生達!!(^◇^)
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

確かに難しいですね

非常にわかりやすい解説ありがとうございます。受験生の父親で甲陽のOBですが、自分の中学受験時代も思い出ました。おそらく大川先生が出題されるのでしょうが、大変ややこしい問題ですね。最大の難関と思われる問4について、完全中和の時の重さをさらっと7.8gになると書かれていますが、食塩、水酸化ナトリウム、水酸化アルミニウム、アルミニウムの残りのどれも中和-②が②-①のちょうど半分になるということが理解できないと解けないのではないでしょうか。うちの子は何度説明してもわからないようで、お忙しいところ恐縮ですが、どのように説明したらいいのか教えて頂ければ幸いです。

コメントありがとうございました(^O^)/

エビス様コメントありがとうございました(^O^)/

表付きの解説となりますので本日の理科のブログにアップさせていただきます。

是非ご参照ください。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ