スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

2012(H24)入試分析 理科 灘中学校

2012.01.23 16:27|入試問題分析(理科)
今回は前回の問題の続きの解説を行いたいと思います。はじめの問題文は前回のブログを参照してください。

(問題) H23 灘中学校入試問題 理科 大問3番
問3 実験2の条件を次の(1)~(3)のように変えた場合,図1のグラフはどのようになりますか。それぞれの場合について,そのグラフをかきなさい。なお,グラフの折れ曲がり点および端の点は,右のように横軸と縦軸の値がわかるように書きなさい。

(1) 「アルミニウム2粒」を「アルミニウム1粒」に変えた場合
(2) 「アルミニウム2粒」を「アルミニウム4粒」に変えた場合
(3) アルミニウムは2粒のままで,「B液」を「C液」に変えた場合



(解説)
前回の解説で述べたように,

A液40cm3+B液20cm3→完全中和
B液45cm3+アルミニウム2粒→水素90cm3 がちょうどの式
A液30cm3+アルミニウム2粒→水素90cm3 がちょうどの式
となります。

(1)  B液22.5cm3+アルミニウム1粒→水素45cm3がちょうどの式
   A液15cm3+アルミニウム1粒→水素45cm3 がちょうどの式
となりますので,
・混合液中のA液が0cm3から(60cm3-22.5cm3)×2/3=25cm3までは水素が90cm3発生。
・混合液中のA液が25cm3から40cm3までは一定の割合で水素の発生量が減少し,A液が40cm3で水素の発生量が0cm3。
・混合液中のA液が40cm3から(60cm3-15cm3)×2/3+15cm3=45cm3までは一定の割合で水素の発生量が増加し,A液が45cm3で水素の発生量90cm3発生。
・A液が45cm3から60cm3までは水素の発生量が90cm3。したがって答えは下のようなグラフとなります。
NADA1.png


(2) B液60cm3+アルミニウム8/3粒→水素120cm3がちょうどの式
  A液60cm3+アルミニウム4粒→水素180cm3がちょうどの式

となりますので,
・混合液中のA液が0cm3から40cm3までは水素の発生量が120cm3から0cm3まで一定の割合で減少。
・水素の発生量が40cm3から60cm3までは水素の発生量が0cm3から180cm3まで一定の割合で増加。
したがって答えは下のようなグラフとなります。

NADA2.png


(3) A液48cm3+C液12cm3→完全中和
  A液30cm3+アルミニウム2粒→水素90cm3がちょうどの式
  C液22.5cm3+アルミニウム2粒→水素90cm3がちょうどの式
となりますので,

・A液が0cm3から(60cm3-22.5cm3)×4/5=30cm3までは水素の体積が90cm3発生。
・A液が30cm3から48cm3までは,水素の発生量が90cm3から0cm3まで一定の割合で減少。
・A液が48cm3から(60cm3-30cm3)×4/5+30cm3=54cm3までは水素の発生量が0cm3から90cm3まで一定の割合で増加。
・A液が54cm3~60cm3までは水素の発生量は90cm3発生。
したがって,答えは下のようなグラフになります。

NADA3.png



しっかりと整理すれば必ず正解できる問題ですね!!
頑張れ今年の受験生達!!


スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。