スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

2012(H24)入試分析 算数 神戸女学院中等部 Part1

2012.02.26 23:56|入試問題分析(算数)
それでは,今回は神戸女学院中等部の算数の問題を見てみましょう。

例年,神戸女学院の算数は頻出パターンというのがいくつかありますので,
過去問をやりこむことが合格への非常に大きな近道となりますが,
今年は全体的に難化した(というよりは処理量が増えた?)気がします。

また,答えの数値が鬱陶しくなるのはここ数年鳴りを潜めていたような気がしますが,
今年は1番から鬱陶しかったですね
(1番の(3)の答えが,17711/8cm^3って…(^o^;;)。

とにかく,時間配分は大事ですね。

では,問題を見てまいりましょう。

(問題)H24 神戸女学院中等部・算数 大問4番
川の上流地点Aと下流地点Bまでの4.2kmの間を船が往復しています。下流地点Bを船が出ると同時に,花子さんは川沿いの道を上流地点Aから下流地点Bに向かって歩きはじめました。そして10分後に船と出会い,さらにその2分後,船が上流地点Aに着くのを見ました。船はAで何分間か休んだ後,最初にBを出たときからx分後に再びBに向かって出発し,そのy分後に花子さんを追いぬきました。xとyの比は9:2でした。
(1) 花子さんはAからBまで何分かかりましたか。
(2) 川の流れの速さは毎分何mですか。

xを<9>分後,yを<2>分後として,状況図を描くと以下のようになります。
2012神女4
これで「距離一定」のところでは,時間の比と速さの比が逆比になることを利用すると,
(花子の速さ):(船の上りの速さ)=2:10=1:5
(花子の速さ):(船の下りの速さ)=<2>:(<9>+<2>)=2:11
なので,
(花子の速さ):(船の上りの速さ) :(船の下りの速さ)=2:10:11
となります。

(1)
船はBからAまで上るのに12分かかっているので,
花子さんはAからBまで下るのに
12×5/1=60(分)
かかります。

(2)
船の上りの速さは
4200÷12=350(m/分)
なので,船の下りの速さは
350×11/10=385(m/分)
よって,川の流れの速さは
(385-350)÷2=17.5(m/分)
となりますね。
CA3H0434.jpg
(寒かったですね…。皆さんも風邪には気を付けてください。)
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

計算がハードなH24の神女?

宇高先生,神女の入試分析楽しみに待っておりました。

H24神女の問題を一通り解いたときの,まず第一の感想は
「☆☆問題うんぬん以前に計算が難しかった!☆☆」
です。50分という制限時間の中で,これだけ厳しい数値設定の問題を解ききるのって至難の業では?って真っ先に思いました。

いま,手元にある神女の問題用紙の解いた跡を見てみると,考え方のメモというより,汚い筆算で黒ずんだ跡の方が目立ってます(T_T)/~~~。
特に,
【1】(3)2213.875(cm^3)
【7】(2)あ 21と3/7(cm),い 23と1/7(cm),(3)5.7分後
の解答欄の近辺は見直しができないぐらい真っ黒にそまってます~。
(※おまけに,はずかしいことに,【1】(2)は1回間違っている!!)

たしかに,女子中という性格上,このようなハードな計算を丁寧ににこなせるような生徒を獲得したいというのは分からないこともないのですが,今年のテストはちょっとやりすぎでは?と思ってしまいました。

また,問題のレベルについても,ほっと一息つけそうな問題は,【2】ぐらいで,それ以外はすべて重量級。

今回取り上げられた,【4】の流水算の問題もどこにもありそうな問題ではありますが,いざ条件整理してみると,「距離的な条件」より「時間的な条件」の方が多いため,「状況図(線分図)」による条件整理をしてみたものの解の突破口を見出すことが出来ずに,緊張感高まる試験場では意外とあせった受験生もいたのではないでしょうか?

ちなみに,私は
「船がAで何分か休んだ。。」「xとyの比は9:2」という条件がどうも状況図でうまく整理できなかったので,ダイヤグラムを書いて処理しました。(※この辺の条件整理の仕方は相変わらず賛否両論分かれそうです。。。)

ウルトラマンさん>
いつもありがとうございます(^-^)

本当に今年の神女の算数は計算が大変でしたね(^o^;;

1番の立体の問題なんて,
長ささえわかってしまえば,体積を求める方法は簡単なだけに,
「計算の面倒くささゆえに後回しにする」
という判断をどれだけの生徒ができたかですが
ちょっとあやしいように思います。
個人的には酷な出題(と,配列)だと感じました。

4番は私も,自分で解くときにはダイヤグラムを描いて,
ダイヤグラムでの距離一定を使って解きました。
しかし,ダイヤグラムって,描けない(描くのを嫌がる)生徒が多いことと,
「ダイヤグラムでの距離一定」となるとさらに扱える生徒が少ないように思いますので,
解説は状況図で描いてみました。

それでもきっと難しいですよね,これ…。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。