スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

2012年 今後の天文現象

2012.05.23 15:59|雑談
先日は金環日食で日本全国が大騒ぎでしたが,2012年はこの他にも,見応えのある天文現象が数多く起こります。

簡単に列記しておきますね。

2012年6月4日『部分月食』 夕方から宵にかけて,満月の一部が欠ける様子が観察できます。
2012年6月6日『金星の日面経過』 太陽の直径の30分の1程の金星が,太陽の前を横切ります。日食グラスで観察可能です。
2012年8月12日『ペルセウス座流星群』 おおよそペルセウス座の方向から流星が飛び出てくるように見えます。
2012年8月14日『金星食』 夜明け前,明けの明星である金星が,三日月の輝いている部分に隠され,影の部分から現れます。
2012年11月17日『しし座流星群』 数はそれほど多くないかもしれませんが,有名な流星群です。
2012年12月14日『ふたご座流星群』 数はしし座流星群よりも多いです。

2012年は当たり年ですね♪
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年 今後の天文現象】

先日は金環日食で日本全国が大騒ぎでしたが,2012年はこの他にも,見応えのある天文現象が数多く起こります。簡単に列記しておきますね。2012年6月4日『部分月食』 夕方から宵にかけて,満月の一部が欠ける様子が観察できます。2012年6月6日『金星の日面経過』 太陽の直...
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。