計算のスピードアップテクニック(足し算の工夫)

2012.07.15 16:35|基礎学習
以前,道幸先生が暗算のススメなる記事を上げておられましたので,
計算のテクニックについての記事を何回かに分けてあげていきます。

生徒が計算している様子を見ていると,「え?そうする?」というものも時々見受けられますので,
「そんなの知ってるよ!」というものもあるかもしれませんが,簡単なものも書いていきますね。

☆足し算の工夫☆和がキリのいい組み合わせを探す
・37+12+54+69+15+46+31+25+43+38
 足して一の位が0になるものを組み合わせていきましょう。
 (37+43)+(12+38)+(54+46)+(69+31)+(15+25)
=80+50+100+100+40
370

・19+21+45+34+81+79+22+44
 3つ組み合わせたりしてもいいですよ。
 (19+81)+(21+79)+(34+22+44)+45
=100+100+100+45
345

☆足し算の工夫☆同じ数はまとめて計算
・13+27+39+13+56+27+13+56+27
 同じ数が何回か出てくる場合は,まとめてかけ算にしましょう。
 13×3+27×3+56×2+39
=39+81+112+39
271

☆足し算の工夫☆桁ごとに分けて計算
・123+426+729+224+527+821+325+628+922
 一の位:3+6+9+4+7+1+5+8+2=45
 十の位:2×9=18
 百の位:1+4+7+2+5+8+3+6+9=45 となるので,ひっ算の形にすると,
ひっ算1
となります。

☆足し算の工夫☆基準値を決める
・97+92+94+95+99+91
 全部100だったら楽なのですが,それよりも少しずつ小さい状態です。
 (100-3)+(100-8)+(100-6)+(100-5)+(100-1)+(100-9)
=100×6-(3+8+6+5+1+9)
=600-32
568

・358+347+344+370+352+343
 基準値はもとの数たちの間においてもかまいません。
 (350+8)+(350-3)+(350-6)+(350+20)+(350+2)+(350-7)
=350×6+(8-3-6+20+2-7)
=2100+14
2014

・106+999+389+115+311+84
 基準値を複数おくこともできます。
 (100+6)+(1000-1)+(400-11)+(100+15)+(300+11)+(100-16)
=(100+1000+400+100+300+100)+(6-1-11+15+11-16)
=2000+4
2004


ざっと足し算の工夫を書いてみました。組み合わせたり,部分的に使ってみたりしながら,
普段の計算に生かしてもらえるとうれしいです。(池)
スポンサーサイト
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ