スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

円周率近似値の日

2012.07.22 18:51|雑談
円周率は「円周が直径の何倍か」を表した数です。
小学校の算数では、主に3.14を使うことは誰でも知っています。
直径に3.14をかけたら円周になる、というわけです。
今回は、この円周率にまつわるあれやこれやを書いてみます。

1 円周率は、文部科学省の指導要領で、一時期3でもよいことにされていました。
ゆとり教育で、小数点を使うかけ算や割り算をまだ習っていない段階で、円周の長さや面積を求める学習に入るため、窮余の策として円周率3で計算させたのですが、大いに物議をかもしたものです。(円周率3で計算すると、円にピッタリ入った正六角形のまわりの長さが、円周と同じになってしまいます。ビックリです。)

2 中学入試では、円周率として必ず3.14が使われるというわけではありません。
学校によっては22/7を用いるところもありますから、受験生は円周率としてどの数字を使うのかは要チェックです。

3 中学校になると、円周率3.14の時代は終わり、π(パイ)が用いられます。
 数学の解答で、3.14の計算をしなくてもいいというのが、ちょっとした喜びでした…^^;

4 円周率を小数で表すと、3.14159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …とどこまでも続く数(無限小数)になります。
同じ無限小数である、1/3などの分数を小数にした場合と違って、同じ数字の繰り返しがありませんから厄介です。

5 現在小数点以下,約10兆桁まで計算されている。
現代では、コンピューターによる計算で、円周率は小数点以下10兆桁まで計算されているそうです。

6 時と場合により,使う円周率の精度は異なるそうです。
πを使っても、実際に建築の現場などでは役に立たないので、近似値である3.14を用いることが多いそうですが、人工衛星などのようにさらなる精度が求められる場合には、小数第30位ぐらいまでの近似値をつかったり、円周率に近い分数(たとえば355/113)を用いたりして、軌道の計算などをやっているそうです。

7 人間はこの無限に続く円周率をどこまで覚えられるのか?
2006年、千葉県のある男性は、円周率の暗唱の世界記録に挑戦し、自身が前年7月に更新した8万3431けたを塗り替え、大台となる10万けたの暗唱に成功したそうです。10万けた暗唱にかかった時間は約16時間!

ちなみに、3月14日は「円周率の日」、そして今日、7月22日は「円周率近似値の日」だそうです。(道)
スポンサーサイト
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。