スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

常識チェック

2012.08.22 13:00|算数雑談
生徒の算数のテストの答案などを見ていると,
思わずツッコミを入れたくなる答えが見受けられる時があります。

(旅人算で)
問題「家から駅までの距離を求めなさい」
→答え「500km


遠い…。遠過ぎる…。
逆に,そこまで歩く人が,何をしにそんな遠い駅まで行くのでしょう…。

(旅人算で)
問題「太郎君の歩く速さを求めなさい」
→答え「秒速12m


歩きながらボルトをぶっちぎる太郎君…。かっこよすぎる…。

(通過算で)
問題「列車Aの速さを求めなさい。」
→答え「時速6km


歩く太郎君の方が約7倍速い…。

(食塩水の問題で)
問題「この食塩水の濃度を求めなさい」
→答え「53%


こんな濃い食塩水はできません…。

こういったものは,例えば
(どこで計測するかによって誤差はかなり出ますので,あくまで「大まかに」ですが)
「東京-大阪間で500kmぐらい」
とか
「ボルトの全力疾走で秒速10mぐらい」
とか
「人の徒歩の速さは時速4kmぐらい」
とか
「100gの水に溶かせる食塩の量が36gぐらいだから,濃度はせいぜい30%ぐらいのはず」
と大まかにでも知っていると,すぐにおかしいことに気付くことですが,
知らないと確かに自分で気付くのは難しいことではあります。

ただ,生徒の答案を見ていると
(いくら問題文中の図が正確とは限らないとはいえ)
答えが30°ぐらいの角度を「100°」とか答えてみたり,
旅人算の問題文で,「AがBに追いついた」と書いているのに,
求めた答えでBの速さがAより速くなっていたり,
というように,
「明らかに変だよね??」
ということを平気で書いている答案というのが見受けられます。

検算も大事な作業ですが,
その前にまず「常識的におかしくないか」の「常識チェック」も取り入れてみてほしいと思います。

追記:
かつて社会科のテストの点数計算だけお手伝いした際に,
みんなが「豊臣秀吉」と答えているところを,
「前方後円墳」と答えて×にされている子がいるのを発見してしまいました。
元の問題がなんだったのかとても気になりながら,
その場の空気で聞くに聞けず,
未だに気になり続けています…(^o^;;
その子は「常識チェック」はしなかったんでしょうね…。

(宇)
スポンサーサイト
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。