ノーベル賞

2012.10.10 16:42|雑談
山中伸弥さんがノーベル医学生理学賞を受賞されましたね。
おめでとうございますo(^o^)o

ノーベル賞も,話のネタは色々ありますね。
(以下の諸々のデータは,いずれも2012年10月10日現在のものです)

「ノーベル賞には何部門あるの?」

答えは,「物理学賞」,「化学賞」,「医学生理学賞」,「文学賞」,「平和賞」,「経済学賞」の6部門です。
「経済学賞」以外の5部門が,ノーベルの遺言に基づき1901年から授与が始まり,
その賞金もノーベルの遺産の利子から出ているのに対し,
「経済学賞」は授与が始まったのが1969年で,
賞金もスウェーデン国立銀行の基金が元になっていることから,
「経済学賞」は,ノーベル賞には含まないと考えられることも多いようです。

「その6部門で,日本人がまだ受賞していない賞ってあるの?」

今のところ,「経済学賞」の受賞者だけいません。
もちろん,「経済学賞」をノーベル賞に含むと考えての話ですが。
ちなみに,
物理学賞…7人
化学賞…7人
医学生理学賞…2人
文学賞…2人
平和賞…1人
以上19名ですね。

「あれ?数学賞は?」

ノーベル賞に数学賞はありません。
以前,「ビューティフルマインド」という映画が出た際に,宣伝で,
「ノーベル賞を受賞した天才数学者ジョン・ナッシュの波乱の半生を描いた云々」というような表現がありましたが,
ナッシュが受賞したのは「経済学賞」です(「ゲームの理論」という,数学を利用した学問分野ですね)。
「数学賞」が無いことの理由としては,
「数学賞を設ければ,ミッターク・レフラーという数学者が受賞する可能性が高かったが,
彼が実はノーベルの恋敵であったために,ノーベルは数学賞を設けたがらなかった」
とか,
「ノーベル自身は数学賞を設けるつもりだったのだが,
ミッターク・レフラーに相談したところ,彼は,
『数学賞が設けられれば,自分の嫌いなワイエルシュトラウスが受賞する可能性が高いので,
数学賞を設けるのをなんとか断念させよう』と考え,
色々な理由を付けて,ノーベルに数学賞を設けるのを思いとどまらせた」
とか,
「単にノーベルが数学嫌いだったから」
とか,諸説あるようですが,
どれもあくまで「説」に過ぎず,さしたる確証は無いようです。
ちなみに,数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞は,
日本人で3人の受賞者がいます。

「複数回受賞した人なんていないよね?」

ところがどっこい。これが個人で4人もいるんです(^o^;;(2012年10月10日現在)
(団体では,国際連合難民高等弁務官事務所が2回,赤十字国際委員会が3回)

マリ・キュリー(物理学賞(1903年),化学賞(1911年))
ジョン・バーディーン(物理学賞を2回(1956年と1972年))
フレデリック・サンガー(化学賞を2回(1958年と1980年))
ライナス・ポーリング(化学賞(1954年),平和賞(1962年))

すごいですよねぇ。

「さすがに,親子で受賞とか,そんなのは無いよねぇ?」

いやいや,これがいるんですね(^o^;;
親子で共同(同じ内容の共同研究)で受賞したのが1組,
親子別々の内容で受賞したのが7組(!)。

全部は書きませんが,そのうちの一組は
かの有名なキュリー夫妻と,その娘イレーヌ・ジョリオ=キュリーです。
他にも兄弟で別々の受賞,叔父・甥で別々の受賞,
などもあるようですね。

ノーベル賞関係のネタは,
クイズ番組などを見ていても,
「ノーベル賞の授賞式はノーベルの命日に行われます。それは何月何日?」(答:12月10日)
とか,
「ノーベル賞6部門のうち,『平和賞』を除く5部門の授賞式はスウェーデンのストックホルムで行われます。では,『平和賞』の受賞式が行われる都市はどこ?」(答:(ノルウェーの)オスロ)
とか,
「1950年にノーベル文学賞を受賞した,『プリンキピア・マテマティカ』などの著作でも知られるイギリスの哲学者(数学者)は誰?」(答:バートランド・ラッセル)
とか,
「1964年にノーベル文学賞に選ばれたが受賞を辞退した,『嘔吐』などの作品で知られるフランスの実存主義哲学者(小説家)は誰?」(答:ジャン・ポール=サルトル)
とか,
問題としてよく出題されていますよね。
一度色々調べてみると面白いかも知れません。

さて明日,村上春樹氏文学賞受賞なるのか!?

(宇)
スポンサーサイト
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ