2013(H25)入試分析 算数 甲陽学院中学校(第1日) PART2

2013.02.08 12:02|入試問題分析(算数)
今回は甲陽1日目の6番を扱ってみましょう。

大阪星光学院のPART3のところで、
「影の問題は,今年の出題が予想できた問題で,筆者も受験生に「今年は影が出るぞ~」と何度も言ってました。」
と書いていましたが、やはり甲陽でも影の問題が出ました。
最難関と呼ばれる学校で影の問題の難問が、洛星後期以外ではあまり出ておらず、昨年度に東大寺で出題、
このことからも今年の入試で出題されそうだということは予想しやすかったのではないでしょうか。

(問題)H25 甲陽中学校・1日目算数 大問6番
長方形の紙を丸めて作った半径と高さが10cmの円筒が,平らな板の上に置いてあります。
同じ板の上に高さ10cmの棒が垂直に立っています。
ただし,紙の厚さ,棒の太さは考えないものとし,半径10cmの円,1辺10cmの正三角形の面積は
それぞれ314.1cm^2,43.3cm^2とします。
(1)太陽の光で棒の影の長さが20cmになっているとき,板に映った円筒の影の面積を求めなさい。
(2)太陽の光で棒の影の長さが10cmになっているとき,板に映った円筒の影の面積を求めなさい。

甲陽1日目6番

影の問題においては、まずは横から見た図を、次に上から見た図をかくというのが基本手順ですが、
今回は太陽光線ということですから横からの図は省略します。
(点光源の場合は必ず横からの図をかきましょう。)
(1)
甲陽1日目6番01
今回の円筒の高さも棒と同じ10㎝ですので、影の長さも同じ20cm(図の点線)となります。
全ての点線をかくわけにはいかないので4本だけかいていますが、この点線の先を集めると
20cmだけずれた円が浮かび上がってきます。

そして、この点線が引かれている部分が地面の影になるわけです。(下図)
甲陽1日目6番02
求める面積は半径10㎝の半円2つと一辺20cmの正方形の合計ですので、
314.1+20×20=714.1㎝^2
となります。

(2)
甲陽1日目6番03
今回は影の長さは10cm(図の点線)となります。今回は点線を8本に増やしてみました。
先ほどと同様にこの点線の先を集めると10cmだけずれた円が浮かび上がってきます。

この点線が引かれている部分が地面の影になるわけですが、影になる部分は下の図のようになります。
甲陽1日目6番04
求める面積は半径10㎝の半円2つと縦20cm,横10㎝の長方形の合計から★部分を引かなくてはいけません。
★は中心角120度のおうぎ形2つから正三角形を2個引けばよいので、314.1×2/3-43.3×2=122.8㎝^2
よって、求める面積は
314.1+20×10-122.8=391.3㎝^2
となります。

影の問題としては、難易度はそれほど高くないと思いますが、3番の速さの問題で時間を使いすぎて
パニックになっていたり、影の問題だからできないという拒否反応が出た子は解けなかったと思います。
あと、円の面積を314㎝^2とした子も何人かはいるでしょうね…

いずれにしても、平常心で、1つ1つの大問を独立した問題として取り組む訓練を
普段から積んでおく必要がありますね。
(池)
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

円筒の影♪

本問に関しては,あらゆるパターンを想定して,様々角度から対策を練っていたのですが,恥ずかしい話,初見で(1)を解いたとき,去年の東大寺と同様,『円筒の上面】が空いているっていうことをすっかり忘れていました。でも何で(2)があるの?って考えたときにやっと(1)で円の内部の面積を足すのを忘れているのに気付き挽回。。煽る通り,【2】の速さの問題の着眼点に時間がとられた受験生で,私のようなミスをした生徒は多かったと思われます。

レモン型

実に甲陽らしい出題でしたね(^^)

No title

問題文だけでなく、図がついているところがまた親切です(笑)

No title

円の面積を314にして計算したら、割り切れないから、(2)の答えが変になりますよね?
問題文を見たときから、314.1に違和感を感じていましたが、
問題を解いて、なるほど、と思いました笑

No title

●314.1に違和感⇒問題を解いて,「なるほど」
がベスト,
●314で解いて違和感⇒問題文を見て「なるほど」で解き直し
が次点,
●314で解いて,違和感を感じたか感じてないかはわかりませんがそのまんま
が残念賞
ですね・・・

まぁ,まれにひどい数字設定の問題もありますから,
そういうのに慣れ過ぎていると,逆に残念だった可能性が高いかもしれません(--;
非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ