スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

2013(H25)入試問題解説 算数 清風南海中学校A日程

2013.06.12 12:34|入試問題分析(算数)
今回は清風南海中学校A日程の問題を取り上げてみます。
清風南海A-4

(1)まずは,問題に書かれている数字をそのまま図に書き込めば解けます。
清風南海A-4-1
太線の三角形の相似比は4:3なので,FC=③,AH=④とすると,HB=⑩-④=⑥となります。
よって,AH:HB=4:6=2:3

(2)三角形AEHについて問われており,(1)でAH:HBを出していますので,これらを使える形に注目しましょう。
太線で囲まれた図形に注目すると,隣辺比が利用できます。
清風南海A-4-2
三角形ABCは平行四辺形ABCDの1/2です。三角形AEHは三角形ABCの2/5×4/7=8/35倍なので,
平行四辺形の1/2×8/35=4/35倍となります。

(3)正確な面積が分かっているのは三角形AEGだけなので,これが必ず手がかりになるはずです。
この三角形から平行四辺形の面積を出すには太線の形に注目するとよいですね。
清風南海A-4-3
[4]が85㎝^2で求める平行四辺形は[14]×2=[28]なので,85×28/4=595cm^2となります。

(4)三角形AHIを求めなさいと言われているので,Iの交差を利用して太線のちょうちょ型相似を作りましょう。
清風南海A-4-4
BHやCFと平行にGJを引くと,GJの長さは③と⑥の平均である4.5マルになりますので,
太線の相似比は4:4.5=8:9ですね。
清風南海A-4-5
三角形ABGは平行四辺形の1/4ですので,太線の形で隣辺比を利用すると,
求める面積は595×1/4×2/5×8/17=28㎝^2となります。

問題を解く手がかりになりそうな図形や比から,どの形に注目して考えるかの目標を定め,その形を目立つように
太線などにすれば,いい方法がひらめく確率も上がりそうですね。
そのためには,なんでもかんでも1つの図の中に書きこむのではなく,新しい図を自分でかいて,混乱しないような
工夫が必要です。普段からドンドン図をかくように意識しましょう。(池)
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

標準的な良問♪

南大阪方面進出おめでとうございます♪
南大阪方面の学校といえば,やはり掲題の『清風南海』を取り上げたくなりますねぇ~。清風南海は標準的でオーソドックスな学習効果の高い問題が多く,個人的にお気に入りの学校の一つでもあります。掲題の『平面図形と比』の問題も,どこの問題集にも載ってそうな問題ではありますが,一つ一つの設問に対して作問者のメッセージが感じとることができ,授業で解説する問題にはぴったりの印象です。清風南海の入試問題は本校を受験する生徒はもちろんのこと,たとえば四天王寺を第一志望の生徒なんかにもぴったりの問題かと思います。

No title

 いつもありがとうございます。
問題としてはあまり面白いものではないですが,
私もメッセージを伝えるための題材として選びました。(^^;
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。