H22年度入試問題分析(四天王寺中・算数)Part1

2010.04.23 22:25|入試問題分析(算数)
それでは今回から算数も四天王寺中の問題に入りたいと思います。

まずは,パズル系の本で出てきそうなこの問題から。

2番①
「1」,「1」,「2」の3枚のカードがあります。この3枚のカードを裏向きにしてよく混ぜて,A,Bの2人が1枚ずつ選び,おたがいに自分のカードの番号は見ないで相手に見せます。
AはBのカードを見ても自分のカードの番号はわかりませんでしたが,「自分のカードの番号はわかりません。」というBの発言を聞いて,自分のカードの番号がわかりました。A,Bが選んだカードの番号を答えなさい。


まず,Aさんの立場に立って考えましょう。
もし,Bさんが見せたカードが「2」であれば,Aさんは自分のカードは「1」だとすぐにわかるはずです。それが,わからなかったのですから,Bさんのカードは「1」だったとわかります。
次に,Bさんも自分のカードがわからなかったのですから,Aさんの出したカードも「1」だとわかります。

先にパズル系うんぬんと書きましたが,以前に問題を取り上げた今年の神戸女学院も然り,近年の四天王寺も然り,女子中の算数で「その場での思考力」を問う問題が増えつつあります。もちろん,普段からそんな問題ばかりをやるわけにはいきませんが,普段から種々の問題で色々な考え方・解き方に触れることはとても重要です。日ごろの学習の中で,「答えが出たからこれでよし!」で終わってしまうのでなく,自分の解き方以外のもっときれいな解き方・鮮やかな解き方・楽な解き方が無いか,解説を読んで研究することがとても重要といえるでしょう。
あ,これは男子も同じことですよ!!
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ