スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

理科 予備知識

2010.04.26 21:12|マメ知識集
クローン
同じ個体から取り出した細胞や核を用いて新たにつくった個体はそれぞれどれも同じ遺伝子を持っています。このような個体をクローンと言います。ふつうは,核を取り除いた卵細胞に体細胞の核を移植してつくります。すると核から提供した個体の体細胞がもつ遺伝子と全く同じ形の個体に成長するのです。
はじめは,植物で研究されましたが,現在では哺乳類のクローンもつくりだされています。最初はドリーと名付けられた羊のクローンでその後マウスやウシでもクローンが得られています。今ではウマの卵細胞を使って母親がウマで父親がロバのクローン(通称ラバ)のクローンをつくる事ができるまで技術が進歩しています。
この技術を応用して,マンモスを再生できるかもしれないという可能性も示されています。マンモスの体細胞の核が北極の氷の中などに完全冷凍保存状態で得られたとすると,現存するメスのゾウの核を取り除いた卵細胞にマンモスの体細胞の核を移植してこの卵をメスのゾウの子宮内で妊娠させることができれば,メスのゾウからマンモスの子が出産されることになります。
このようにクローン技術によって驚くべき可能性が夢ではなくなる日がくるかもしれません!!
スポンサーサイト

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育

数理教育研究会へのHPはこちら
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご案内


数理教育研究会のHPはこちら↑
※お電話・お問い合わせフォームでのご連絡、お待ちしております。

プロフィール

エデュパスタッフ

Author:エデュパスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。